日本人が在籍している海外のほとんどの学校では、インターネットを利用し、先生方が自宅から授業を行っています。それにより、授業の遅れを防いでいますが、教科書を頼りに学習指導要領に基づく授業を行わざるを得ない日本では難しい状況だと思われます。

BESTでは、このような現状を有効に利用し、このようなときだからこそ理解を深化することができる、教養に基づく小論文についての講座のボランティア授業を行います。

無償授業開講日時:4月3日(金)午後5時ー6時、4日(土)
午後5時ー6時 、来週以降は、今週末までに発表をいたします。一回の受講人数は最大5名様までとさせていただきます。

受講対象者:高校生の方。受講はLINEの音声機能を利用して行いますので、事前に以下のQRコードから、氏名、在籍学年、お呼びハンドルネーム(呼びかけは、ハンドルネームで行い、個人のプラバシーを守りながら授業を進める予定です)をお知らせください。開講時間にこちらからお呼びします。

学校では学ぶことが難しい、比較文化からの論理展開などを中心に、参加者の質問にお答えしてゆきます。尚、受講の際には、メモ用紙と筆記用具をご用意ください。ネット授業となり、URLやPDFファイルなどをお送りする関係でPCでの受講を推奨いたします。