もし、あなたの暮らしの日常に海外旅行があって、東京のビジネスマンが大阪に出張するような感覚でバンコクに来られるとしたら、病気を治しにバンコクに行こうって思いませんか?もちろん日本では、国民皆保険制度がありますから思わないでしょうね。でも、そのような公的保険制度が無く、まともな病院がほとんど国内に無いとしたら、キット答えは変わってくると思います。現在、タイや日本で発行されているクレジットカードの多くに海外旅行傷害(疾病)保険が付帯しています。もちろん、インドやアフリカで発行されているクレジットカードも同じような条件のカードが多いはずです。当然に海外の病院でならば実質的には負担無しで超丁寧な診療をキャッシュレスで受けることも可能となります。保険は世界中の保険会社がお互いにリスク分散をしていますので、あなたの家族が支払っている民間の保険会社の保険料は、外国人のそのような人々の治療に役立ち、その費用の一部もあなたの家族が負担しているのかもしれません。今の世界は、一国だけで民間の保険さえも完結しないのです。ずるいとか思うのではなく、そのようなことをしなくとも良い社会を世界に広めることが大事です。日本の公的な保険制度の始まりは大正初期に今の会社の健保組合のような形から始まり昭和36年に現在の国民皆保険制度となりました。日本の企業が海外でその国の人々を雇用することは、安定した生活の保障ともなり発展途上国に於ける保険制度の不備の一助となります。この機会に、世界の保険制度を勉強してみては如何でしょうか?ao入試や帰国子女入試にキット役立ちますよ!

参考URL:

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181105/k10011699381000.html

https://lify.jp/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%9E%E3%83%A1%E7%9F%A5%E8%AD%98/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%85%AC%E7%9A%84%E5%8C%BB%E7%99%82%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AF%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%EF%BC%81%EF%BC%9F/

https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=58202&pno=2?site=nli インド

http://www5.cao.go.jp/j-j/sekai_chouryuu/sh10-01/pdf/s1-10-2-4-1.pdf アジア

https://www.mhlw.go.jp/toukei_hakusho/hakusho/kousei/1996/dl/14.pdf アジア社会保障

https://www.global-marketing-labo.jp/column/?id=1495167991-116570 シンガポール