小学校から高校までの勉強は、国家、地方行政がその費用の多くを負担するだけでなく「学習指導要領」がすべての学習です。当然に、行政や国家に都合の悪いことは「スルーしたり最低限」に留まります。これは、日本だけでなく他国でも同様です。だからこそ、それまでに縦割りに学んだことを紡ぎ合わせて「学校では教えてくれなかった答え」を探りだすことが出来る「本当と本質」を見極められる受験生こそが「勝ち残れる生徒」となります。それには、膨大な知識と教養が必要となることは必然であり、今後の受験傾向に必要な学習です。