在京、在阪の大学の定員厳格化の影響は、文科省の思惑通り地方の優秀大学への受験生数の増加に反映される傾向が強くなっています。一つの理由は、地方に住む受験生の受験大学の選択肢としての受験生数の増加です。もう一つは、都会の受験生の地方の国公立大学への受験希望者が増える傾向の増加です。そのため、今年の帰国子女大学受験の傾向として、国立信州大学など関東近辺に近い国立大学や公立大学への併願を希望する生徒さんが増えています。また、一般受験でも受験大学を北大、九大、広大などへのシフトをする傾向や帰国子女受験でもそれらの大学への併願希望者が増えています。今までになかった厳しい受験事情が今後数年は続きますので受験校選びや対策には、これまで以上に厳しい対応と準備が求めらます。